750-255-4554

フレンチとチーズの基礎

日本でも人気の高いフレンチは、世界三大料理の1つです。ランチやディナーで、フレンチのレストランを利用する方は大勢いらっしゃるでしょう。魅力的な食材が使われており、チーズもその1つです。

こちらでは、熊本の中央区花畑町に店を構えるエスポワールが、フレンチとチーズの基本(概要)をお伝えいたします。

フレンチとはどのような料理のことなのか?

世界三大料理の1つであるフレンチは歴史が古い料理であり、世界中の人々に親しまれています。この料理は、フォーマルな場で楽しむものとして選ばれることも多いですが、近年ではカジュアルな場でも食べられるようになりました。

フレンチは、前菜・メイン・デザートで構成されていることがほとんどです。前菜は軽めに味わえるもの、メインは魚や肉などを使った料理が多く登場します。そして、デザートは、その店自慢の甘いものを提供されるのが一般的です。

前菜・メイン・デザートの構成はあくまで基本であり、店によって提供される料理の数・構成などが異なります。同じフレンチのお店でも違いがあるので、事前にネットやSNSなどで調べてから利用先を決めるとよいでしょう。

フランスとチーズの関係

フランスでは、各地域で独自のチーズ文化が根付いており、一説によれば1,000を超える種類のチーズがあるといわれています。西ヨーロッパでも屈指のチーズ国であるフランスにチーズが登場したのは、ローマ軍がガリアを征服したあたりだと考えられています。当時のローマは、自らが征服した地域に自分たちの文化を伝えており、チーズを作る技術をガリア人が手に入れたのもそのためです。

チーズをつくる技術を手に入れて以降、フランスでは独特の地形・風土のなか、あらゆる種類のチーズを生み出すようになりました。チーズは、フランスの人々にとって日本以上に身近な食材といえます。

チーズの種類

フランスでは、多彩なチーズが使用されています。代表的なものとしては、以下のような種類のチーズがあります。

ウォッシュチーズ

お酒・塩水でチーズを洗い、それによって独特な風味を感じられるチーズです。

フレッシュチーズ

熟成をしていないチーズのことです。水分だけが抜かれており、名前の通りフレッシュさを感じられます。

ハードチーズ

水分38%以下の加熱圧搾チーズのことです。水分があまりなく、旨みが凝縮されています。

セミハードチーズ

水分が38~46%になるように維持された非加熱圧搾チーズのことです。ハードチーズよりも水分がある分しっとりとしています。

カビチーズ

カビを使って熟成させたチーズです。白カビや青カビなどが用いられています。

シェーブルチーズ

ヤギのミルクで作るチーズです。酸味とヤギ独特の香りを楽しめます。

熊本で人気のフレンチを気軽に楽しめるレストランならエスポワールへ

熊本でフレンチ料理を楽しめるレストランをお探しなら、熊本市中央区にあるエスポワールをご利用ください。幻の和牛とも呼ばれる「尾崎牛」や、一流シェフが注目する希少な豚肉「バスク豚」、旨味が凝縮された「タスマニアサーモン」など、素材本来の美味しさが味わえる本格フレンチを気軽にお楽しみいただけます。

チーズを堪能したい方は、当店人気の「とろ~りチーズ(ラクレット)のオーブン焼き」がおすすめです。ディナーやデート、大切な方との記念日にぜひご利用ください。

最上部へ