750-255-4554

白ワインと赤ワインはどちらがチーズに合うのか?

チーズを楽しむ際、「白と赤、どっちのワインがいいのか?」と迷う方もいらっしゃいます。白で味わうのか、赤を合わせるのかで、印象は大きく異なるため、慎重になるのも無理はありません。

こちらでは、熊本の中央区花畑町にあるエスポワールが、白と赤のどちらがチーズに合うのかをお伝えいたします。チーズや料理に合うワインの選び方についてもご紹介いたしますので、そちらもぜひともご覧ください。

チーズに合うのは白ワインと赤ワインのどちらなのか?

チーズに合わせるのに適したワインとは、白と赤のどちらであるのでしょうか。

様々なご意見があるので、一概にこれといった正解はありません。白に合うチーズもあれば、赤に合うチーズもあるので、人によって好みがわかれます。

例えばフルーティーな白ワインには、マスカルポーネやモッツァレラなどのフレッシュチーズがよく合います。辛口の白ワインには、ゴーダやカンタルなどのセミハードチーズがおすすめです。コクのある赤ワインには、熟成したカマンベールやブリードモー、ウォッシュチーズがぴったり。しっかりしたボディの赤ワインには、エダムやカンタルなどのハードチーズを合わせてもよいでしょう。

好みに合わせてチーズのお供となるワインを選びましょう。

チーズに合うワインの選び方

チーズに合わせるワインを選ぶ際は、以下のポイントに注目することが大切です。

チーズとワインの産地は同じものを選ぶ

ワイン選びに迷った際は、食べるチーズと同じ産地のものを選びましょう。同じ産地で作られるものは、その土地の風土や文化が似ているため自然と相性がよくなります。ぜひ同じ産地での選び方を試してみてください。

チーズの熟成度合いで選ぶ

すっきりと飲みやすいフルーティーなワインには、熟成期間が短いフレッシュチーズがよく合います。コクがあるしっかりとした味わいのワインには、ハードタイプなどの熟成期間が長いチーズを合わせると美味しく味わえるでしょう。

上記はあくまで基本の考え方です。ケースバイケースですので、困った時はワインソムリエにご相談ください。

料理のソースの色でワインを選ぶ

フレンチレストランで、料理のお供としてワインを注文する際、基本の考え方となるのが「魚は白、肉は赤」です。この考え方でワインを選べば、大きく失敗することはないでしょう。

しかし、あくまでこれは基本的な考え方に過ぎません。料理によっては、その定石が通用しないこともあります。例えば、白身魚にトマトソースがかけられた料理の場合、白ではなく赤ワインをチョイスするのもおすすめです。

ワイン選びに迷った際は、料理に使われているソースの色に合わせてみましょう。赤が多い料理には赤ワインを、全体的に白っぽい料理は白ワインを選ぶと、不思議なことによき組み合わせとなるケースが多いです。

必ず最適な組み合わせになるわけではありませんが、色に注目して決めてみるのも面白いでしょう。興味が湧いたのであれば幸いです。

エスポワールでは美味しい料理・チーズ・ワインをご用意

チーズに合うワインは、白と赤のどちらのワインにもあります。チーズやワインの選び方はあくまでも目安であり、必ずしもその組み合わせで召し上がらないといけないわけではありません。ご自身好みの組み合わせで、楽しむことが大切です。

熊本市にあるエスポワールでは、美味しい料理はもちろん、チーズやワインも含めてフレンチを楽しんでいただけるメニューをご用意しています。ワイン選びに迷った際は、ワインソムリエにご相談いただければアドバイスいたします。好みのワインがどのようなものであるのかお伝えくだされば、専門家の知識と経験から最適なワインをご紹介いたします。

最上部へ